変革を推進する

ノボ ノルディスクは95年以上に渡って変革を推進し続けています。
くわしくはこちらの動画をご覧ください。

ノボ ノルディスクについて

ノボ ノルディスクは、1923年創立のデンマークを本拠とする世界有数のヘルスケア企業です。

私たちのパーパスは、変革を推進し、糖尿病および肥満症、血液系希少疾患、内分泌系希少疾患などのその他の深刻な慢性疾患を克服することです。その目的達成に向け、科学的革新を見出し、医薬品へのアクセスを拡大するとともに、病気の予防ならびに最終的には根治を目指して取り組んでいます。

世界80カ国に約4万3,500人の社員を擁し、製品は約170カ国で販売されています。


ノボ ノルディスクの企業文化

ノボ ノルディスク ウェイは私たちがどうあるべきか、進むべき方向性、そして働き方を表しています。社員の一人ひとりが、ノボ ノルディスク ウェイにのっとって行動をすること ― そして、それが実務において何を意味するかを互いに理解するために助け合うことに責任を持っています。

ノボ ノルディスク ウェイについてはこちらから。


ノボ ノルディスクの経営原則

トリプルボトムライン

ノボ ノルディスクは、何かに専念すること、長期的な視点で考え、財務や社会、環境に対する責任を果たすことが、長期的な繁栄のための基本原則であると確信しています。だからこそ、ノボ ノルディスクはトリプルボトムラインの経営原則に沿って事業を運営しているのです。

トリプルボトムラインについてはこちらから。

トリプルボトムライン

人々を助けるための情熱

ノボ ノルディスクの始まりは、95年以上前にまでさかのぼります
それは、ノーベル賞受賞者であったコペンハーゲン大学のアウグスト クロウ教授が、インスリンと言う名の革新的な新薬の生産を始めようと決断した、その時からすべてが始まったのです。

ノボ ノルディスクの歴史はこちらから。

ノボ ノルディスクの創設者クロウ夫妻

ノボ ノルディスクの創設者
クロウ夫妻

会社概要

日本にノボ ノルディスクが誕生したのは、今から40年前の1980年のこと。以来、糖尿病ケアのマーケットリーダーとしての地位を築き上げてきました。現在、インスリンマーケットにおいて50%以上のシェアを誇ります。

ノボ ノルディスクの歴史

1920年代にいずれもデンマークで設立されたノボ社とノルディスク社が合併し、ノボ ノルディスクが誕生しました。

ノボ ノルディスク ウェイ

ノボ ノルディスクのバリュー(価値観)を示したもので、会社はどうあるべきか、従業員はどう行動すべきかを述べています。

本社・事業所一覧

日本法人の本社および主要事業所を掲載しています。

郡山工場

国内唯一の生産拠点として、高品質の医薬品を患者さんに安定供給しています。

透明性/企業倫理への取り組み

日本製薬工業協会のガイドラインに基づき、「企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を策定しました。

寄附申請のご案内

医学・薬学の発展への貢献を目的に、研究・教育活動に対する寄附支援を行っています。