医薬品の研究開発

どんなに画期的な効能を持つ薬でも、それが患者さんに届かなければ、本当に患者さんのために作ったとは言えません。開発した医薬品やデリバリーシステムが患者さんのもとへ届けられるまでには、臨床試験を経て各国の規制当局へ承認申請を行う必要があります。

ノボ ノルディスクでは主要な研究開発拠点であるデンマークと日本が互いのパートナーとしてコラボレーションすることで、より迅速な承認申請を実現しています。ノボ ノルディスクは日米欧3極同時申請に向けた国際共同臨床試験などの取り組みを開始しています。

ノボ ノルディスクの主要な研究センターはコペンハーゲン (デンマーク) にあります。ノボ ノルディスクが長い歳月をかけて培ってきたタンパク質アナログの設計と開発、デリバリーシステムの開発、バイオ医薬品の大量生産における知識と技術を持っています。

限られた疾患領域に特化しているからこそ、疾患に関する深い洞察をもとに、さらなる製品開発に取り組めると考えています。

これからもノボ ノルディスクは強みを発揮できる領域に特化し、慢性疾患の患者さんの生活の質向上を願い、バイオ医薬品やデリバリーシステムを創出および改良し続けます。