グローバルの課題に立ち向かい
共有価値を創造する

 

ノボ ノルディスクはトリプルボトムラインの経営原則に基づき、事業戦略に社会の優先課題への対応を組み込んでいます。

これらの取り組みを通じて共有価値を創造し、国連の持続可能な開発目標の達成を支援することを目指しています。

サステナビリティ

事業遂行に責任をもつということは、ノボ ノルディスクの行動が患者さん、ステークホルダー、コミュニティ、そして社会全体に及ぼす影響について配慮することを意味します。

なぜならば、健全な経済、健全な社会、そして健全な環境こそが、長期的にビジネスを成功させる基盤であると考えているからです。これが、95年以上続くノボ ノルディスクのサステナビリティの考え方です。

経営原則 トリプルボトムライン

ノボ ノルディスクは、何かに専念すること、長期的な視点で考え、財務や社会、環境に対する責任を果たすことが、長期的な繁栄のための基本原則であると確信しています。だからこそ、ノボ ノルディスクは、トリプルボトムラインの経営原則に沿って事業活動を行っています。

社会への責任

ノボ ノルディスクは、患者さん、従業員、アシュアランス(保証)の3つの側面から、社会への取り組みを行っています。ノボ ノルディスクが事業活動を行うコミュニティに対し、製品の開発と提供を超えた貢献をしています。

環境への取り組み

ノボ ノルディスクの事業活動における自然環境への影響を最小限にするために、利用資源、排出物、廃棄物という3つの観点で環境への影響を評価しています。

関連リンク集

患者さんや一般の方を対象に、疾患領域ごとに啓発を目的としたWebサイトを運営しています。