製薬業界でのノボ ノルディスクのポジション

製薬業界でのノボ ノルディスクのポジション


スペシャリティファーマであり、"No.1"である誇り 

 

領域に特化し世界シェアをリードする

ノボ ノルディスクは、1923年の創業以来、糖尿病領域(インスリン)、血友病領域(バイパス製剤)、成長障害治療(成長ホルモン)の領域において、シェアNo.1です。例えばインスリン製剤では、世界でインスリンで治療する糖尿病患者さんの約半数は、ノボ ノルディスクの製品を使用しています。

当社の製品は医療用医薬品であり、医師の処方せんが必要なため、ドラッグストアなどの店頭で手に取ることはできません。そして、糖尿病、血友病、成長障害に特化していることから、その領域における医師、看護師、薬剤師などの医療従事者や、患者さんにおける認知度は高く、必要とされています。

当社の専門性や経験を活かせる領域を選択して特化し、経営資源を集中させることで、研究開発だけでなく、病気の予防や克服のための根本的な問題解決に取り組み、社会に貢献するという、製薬だけにとどまらないヘルスケア企業としての際立った位置づけを確立しています。

 

数少ない成長市場である糖尿病治療薬

製薬メーカー各社が注力しているのは、いまだ有効な治療法が見いだされていない「アンメット・メディカル・ニーズ」です。高血圧症、高脂血症など、患者数が多い生活習慣病の医薬品市場は成熟期に入ったと言われており、糖尿病治療においてもそう考えられる向きもありますが、いまだアンメットメディカルニーズは高く、製薬企業としてやるべきことがたくさんあります。

ノボ ノルディスクの開発力

ノボ ノルディスクが長い歳月をかけて培ってきたタンパク質のアナログ設計と開発、デリバリーシステムの開発、バイオ医薬品の大量生産における知識と秘術は、世界成功水準を誇っています。

世界のノボ ノルディスク

ノボ ノルディスクは、1923年にデンマークで設立されました。現在では、世界75カ国に事業を展開し、4万人以上の社員が働いています。世界でインスリン治療中の方の約半数は、ノボ ノルディスクの製品を使用しています。