日本


透明性への取り組み

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針
 

当社は、研究開発型製薬企業として、新薬の継続的な研究・開発と安定的な供給を通じて人々の健康の増進に貢献することを使命としています。その使命を達成するため、当社は、医学・薬学の基礎研究、臨床開発、製造販売後の情報提供・収集活動、安全対策、副作用救済などの様々な活動を、大学等の研究機関や医療機関と連携協力して行っています。

こうした事業活動を展開する上で、当社は、薬事法などの関連法規はもとより、「ノボ ノルディスク企業倫理手順書」並びに日本製薬工業協会(以下、製薬協)の定めた「企業行動憲章」、「コンプライアンス・プログラム・ガイドライン」、「医療用医薬品プロモーションコード」及び医療用医薬品製造販売業公正取引協議会の定めた「公正競争規約」などの高い倫理基準に基づいた業界自主規制の遵守の徹底を図ってま いります。

2011年1月19日に製薬協が策定した「企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドライン」に基づき、会員会社である当社においても、「企業活動と医療機関等との関係の透明性に関する指針」を策定致しました。

当社は、本指針に従い、2013年度より、その前年度分の医療機関等への資金等の提供に関する情報を当社ウェブサイトにて公開しています。

当社は、企業活動と医療機関等の関係の透明性・信頼性の一層の向上に努めてまいります。

企業活動と医療機関等の関係の透明性に関する指針

2015年度(2015年1月1日~12月31日)の医療機関等に対する支払い
 

企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針

製薬企業の使命は、医療と人々の健康に貢献することにあります。この使命を果たすため、製薬会社には、創薬段階から市販後の医薬品の適正使用推進、安全対策に至るまで、患者様やそのご家族のニーズや悩みを理解し対応していくことが求められています。このため、当社も患者様やそのご家族の声を代表する患者団体と協働する機会が増えています。

この患者団体との協働の一環として、患者団体に資金等の提供を行うことがあります。言うまでもなく、患者団体との関係は、倫理的なものでなければならず、またその独立性を尊重したものでなければなりません。

このような観点から、また当社の資金等の提供が患者団体の活動、発展に寄与していることについて広く理解を得ることを目的として、日本製薬工業協会が公表しました「企業活動と患者団体の透明性ガイドライン」に基づき、会員会社である当社においても、自らの行動基準として本指針を策定致しました。

当社は、本指針に従い、2014年度より、その前年度分の患者団体への資金等の提供に関する情報を当社ウェブサイトにて公開しています。

当社は、患者団体との関係において透明性・信頼性の一層の向上に努めてまいります。

企業活動と患者団体の関係の透明性に関する指針

2015年度(2015年1月1日~12月31日)の患者団体への寄与に関する情報