日本


低身長症の早期発見のために

より高い治療効果を得られるように

子どもの身長には個人差があるもので、成長過程において、周囲との身長差がうまれるのは当然です。ただ、子どもの低身長のなかには、医学的な原因が隠れているケースがまれにあることがわかっています。

ノボ ノルディスクは、子供の低身長症の早期発見と受診の促進を目的に、「わが子の身長 はかろう つけよう キャンペーン」を2011年から実施しています。

毎年、疾患について分かりやすく解説したオリジナル小冊子と家庭で手軽に使える身長・体重記録ポスター、成長曲線(標準身長・体重曲線)資料を配布。各地でのイベント開催などで啓発活動を行っています。


池内 未来さん(成長ホルモン分泌不全)

脳腫瘍の治療で下垂体を摘出したため、下垂体で作られるすべてのホルモンを補充しています。
「発症したときは不安だらけの毎日でしたが、今は病気のことを気にせずに日常生活を送ることができて楽しい思いでいっぱいです。入院していたときの看護師さんがとてもやさしく、おもしろい人で憧れていたので、看護師になりたいと思いました」
その夢を叶え、現在は看護師になるための学校に通っています。

 

Reviewed July, 2017